モルヒネ

日々是精進也、単なる走り書き

入浴剤はいらない?

私、以前はすごく入浴剤が好きで、お風呂の時には必ず入れていました。

特に好きなのが、お湯が濁り湯になるタイプ。

9割方、その手の入浴剤を使っていました。

冬のお風呂には欠かせないものでしたね。

 

f:id:morphinekiss:20161010115406j:image

エプソムソルトの福袋なんぞも買ってみたりね。

 

 

ところが春あたりから、入浴剤が切れたのをきっかけに、入浴剤を入れなくなりまして。

たまたま金欠だったからか買うのをついつい忘れてしまう事が続いたからかは忘れましたが、スッパリ辞めてしまったんです。

 

まあ、子どもたち、特に次男からは常に入浴剤への不満を訴えられていたし、お湯が出る所に入浴剤のカスみたいなのがついて掃除も大変だし、そのカスがお湯に混じるしで、入浴剤を辞めてからはその諸問題が一気になくなったので良かったのかもしれません。

 

それよりもプラスに感じた事は、何だか肌の調子が良い事。

普通なら素のお湯(水道水)は塩素だなんだと入ってるし、入浴剤とか入れた方がお肌には良いのでは?と思うのですが。

どうも私の場合、そういうものでもなかったみたい。

もちろんボディの吹き出物対策はだいぶ前に確立してたので、その効果でもあると思いますが、

 

余計な物を入れない

 

てのも、割と必要なのかもしれないなぁと。

顔の肌のみならず。

(顔の肌には余計な物ばかりぶち込んでますけどね)

 

でも乾燥してカサカサしてる方なんかは、入浴剤とか入れた方が良い感じかもしれません。

 

お風呂はリラックスの場でもあるので、入浴剤のかわいい色だとか良い香りも恋しくなりますが…

 

心臓に負担にならないよう、長湯も控えてるので、まあいいかと。

 

以前はこまめにやってたお風呂でのお肌のスペシャルケアも最近めっきりやっておりませんし、本当に女子力低い入浴タイムを過ごしている今日この頃でございます。